ルクルーゼ lecreuset

ルクルーゼ(lecreuset)の魅力と欠点

ルクルーゼlecreuset)って、とっても高機能でカラフルなキッチンウェアです。魅力たっぷりのルクルーゼですが、いいところばかりではありません。欠点だってやっぱりあります。
ルクルーゼのいいところですが、なんといってもお料理が美味しくできます!これは本当に一度体験してもらいたいです。調理器具が変わるだけで、いつものレシピがこんなにおいしくなるなんて驚きです。煮物は本当においしくなるし、ご飯もおいしく炊けるんですよ!
そして、ルクルーゼの優れた熱伝導率のおかげで、調理時間がとても短縮できます。ガス代の節約になるのもうれしいです。
キッチンがとっても華やかで可愛くなるのもいいところですね!雑然としやすいキッチンだから、ルクルーゼの彩りはとってもオシャレなインテリアにもなりますネ♪
ルクルーゼの欠点をあげるとすると・・・
お鍋が重いんですよね〜。ルクルーゼの鍋は鋳物ですから、アルミなどの調理器具にくらべるとだいぶ重いです。
頻繁につかうものは、出しっぱなしになってしまいます。
そして、お値段が高いです。これは、結構なデメリットかも(笑)
でも、ルクルーゼは長く使えるものですから、価値は十分にあると思います。安いお鍋を何回も取り替えるより、良いお鍋を長く使うほうが結果的には経済的だったりしますよね。考えようです。
美味しいお料理ができて、キッチンも華やいで、なにより使う人が満足して使えるというのが一番だと思います!

ルクルーゼ lecreuset

ルクルーゼ(lecreuset)で幸せな食卓♪

プロも愛用する、フランス生まれの世界でトップクラスのお鍋!といえば、ルクルーゼlecreuset)でしょう。
ル・クルーゼ社は、1925年にフランスで創業した世界でもトップクラスの品質を誇る鋳物ホーローウェアメーカーです。ル・クルーゼの鍋が愛される理由は、「暖かい造形と色使い」、「持ち上げて実感できる重量感」、「一生モノの耐久性」、「キッチンにおける料理の楽しさやそのインテリア性」、「使い込む程に味が出る」などが挙げられます。TVの料理番組やCMなどで使われているお洒落でかわいい鍋はこのル・クルーゼです。お値段が少し高目なので女性の憧れの鍋!的存在です。
お鍋のお値段としては少々高いとはいいますが、安いお鍋を何度も買いなおしてそのつど出費するよりも、一生に一度!という感覚でいいものを長く使う・・・という考え方だと決して高いものではないような気がします。お鍋は毎日使うものだからこそ、気にいったものを、大切に、長く使う・・・ということが大事なのではないでしょうか。
愛情こもったお鍋で作られるお料理は、より愛情がこもっておいしくなります。食は幸せのもと!美味しいお料理で笑顔の食卓って一番幸せな時間ですよね!

ルクルーゼ lecreuset

ルクルーゼlecreuset)の人気の秘密

ルクルーゼ(lecreuset)は主婦の間ではとても人気がありますよね。
ここ数年、ステンレス製の鍋類に変わって、鋳物ホーロー鍋が人気になっています。

ステンレス製の鍋は保温性に劣るし、見た目にあまりおしゃれじゃない感じがしますよね。その点、ルクルーゼなどの鋳物のホーロー鍋はなかなか熱が冷めにくく、また、カラフルな色合いが人気の秘密のようです。

ルクルーゼなどの鋳物のホーロー鍋は、IHヒーターをはじめとした調理器に一番最適なのだそうです。ルクルーゼなどの鋳物のホーロー鍋は、その素材である金属が鉄である為、IHヒーターの電磁誘導加熱方式に鋳鉄の特性が100%発揮できることや、フラットな接点に特有の重量により横滑りしにくいということです。

また、ルクルーゼなどの鋳物はサビ止めの為に熱に強い塗料が塗ってありますが、この塗料の鮮やかな色が最近のオープンエアの明るいキッチンと良く合うので、キッチングッズとしてだけではなく、インテリアとしても素敵なアイテムとなっていますね。

現在はダイニングとキッチンが、一続きになっているお家は珍しくありません。ダイニングからキッチンを見渡したときに、白いキッチンにカラフルなルクルーゼのお鍋が良く似合うと思いませんか?

ルクルーゼの機能に加え、デザインが現在のライフスタイルにマッチしたのが人気の秘密なのかもしれません。



ルクルーゼ lecreuset

ルクルーゼ(lecreuset)の作られ方

ルクルーゼlecreuset)の定番商品のホーロー鍋は原料に、銑鉄、鉄、コークスが使われています。
また鉄のリサイクルとして再利用もされているということで環境にもやさしい会社といえますね。

鋳物ホーローウェアをひとつ作る際に、凸凹2つの型を用意します。
凸凹の凹は外側の形成。凸型は内側の形成に使われています。

鋳物というイメージからは地味な作業という想像をしがちですが、全工程をコンピュータ管理してコントロールするという最先端技術で製造されています。初めて知ったときには正直驚きました。すごいですね!

鋳物は、温度と流し込むタイミングが難しいとよく言われますよね。
コンピュータ管理されているからといってもこの作業が、重要な作業だということはいうまでもありません。

出来上がった鋳物から、今度は耐久性と保温性を高めるための加工が施されます。

いち工程ごとに熟練された職人さん達の手によって完成されたルクルーゼホーローウェアが出来上がるわけですね。

このようなこだわりがあるからこそ、日本でも人気があり、また世界各国でも認められているのでしょう。


ルクルーゼ lecreuset

ルクルーゼ(lecreuset)って何?

ルクルーゼlecreuset)って何?

「クルーゼ」とは、フランス語で「坩堝」を意味します。高熱でどろどろに溶かした鋳鉄を型に流し込む製法を表している「クルーゼ」に定冠詞の「ル」をつけて「ル・クルーゼ」の社名は誕生しました。

北フランスのエーヌ県(AISNE)サン・カンタン市郊外の小さな町、フレノワ・ル・グラン。200年以上も前から鋳物製品がつくられているこの地方で、 1925年、ル・クルーゼ社は創業しました。それ以来、機能的かつ美しいキッチンウエアを作ることをモットーに、さまざまな種類の鋳物ホーロー製品を生み出しています。

ル・クルーゼでは、1958年には著名なデザイナー、レイモンド・ローウェイのデザインによる新製品を発表するほか、1973年にはイタリアの著名デザイナー、エンゾ・マリのデザインによるママ・ライン発売をするなど、常に「機能美」を追及し、そのデザイン性にも重きを置いています。

1992年には、世界でもっとも優れたワインオープナーと評価されている「スクリュープル」をアメリカのハーレン社より買収し、1999年にはストーンウエアの発売を開始するなど、“キッチンからテーブルまで”をコンセプトに、テーブルウエアをトータルにコーディネイトのできるブランドとして成長しました。

人気のココットロンド、ラムカン、デューンはホーローウェア・ストーンウェアそれぞれの人気商品です。

ルクルーゼの特徴といえば彩り鮮やかなキッチンウェア♪暗くて地味な台所というイメージからシンプルスタイルでお洒落なキッチンスタイルに変わっている日本のキッチン事情からもカラフルで可愛いお鍋が楽しく飾ってくれます。



Powered by Seesaa